ウイルス対策ソフトNAVI

セキュリティの脅威

パソコンにおけるセキュリティの脅威

インターネットの海の中ではさまざまな脅威があります。スパイウェアなど気をつけるべき脅威についてご説明します。

セキュリティガイド

スパイウェアについて

スパイウェアは、不正に利用者情報を取得して外部に自動的に送信したりする機能を持つプログラムです。取得した情報を使って、ブラウザを乗っ取り、悪意のあるサイトに誘導したりするものも報告されています。スパイウェアの脅威からパソコンを守るためには、やはりウイルス対策ソフトが有効です。多くのウイルス対策ソフトには、スパイウェア対策も含まれています。

ボットについて

ボットは、ウイルスの一種で、パソコンなどを外部から操ることを目的として作成されたプログラムです。ボットに冒されたパソコンはネットワークを形成します。ボットネットワークは指令サーバーからの指令によりスパムメールを大量送信したり、DDoS攻撃などに利用されます。いつのまにかあなたのパソコンが被害を与えるために使用されています。対策としては、ウイルス対策ソフトの導入とOS等のプログラムのアップデートです。ボットはセキュリティホールをついて進入してきますので、最新の状態を保ちましょう。

不正アクセス

OSやプログラムなどの脆弱性をついてコンピューター内に進入する行為が不正アクセスです。この不正アクセスによって、インターネットで利用しているIDやパスワードが盗まれて、不正に利用されます。みなさんはパスワードをパソコンに保存してたりしないでしょうか。そのような行為は危険ですし、パスワード自体安易なものを使わないようにしましょう。パスワードは、8文字以上で、大文字、小文字、数字、記号を組み合わせると、かなり強固になります。また、定期的に変更するようにしましょう。それから不正アクセスの対処法としては、ファイアウォールの導入が効果的です。

Cookieについて

Cookieとは、利用者がWebサイトを訪問したさいでできるファイルです。この中には閲覧したページの履歴や次回パスワードの入力を求められないように保存しておいた記録などが書き込まれています。このCookieは、パソコンに危害を加えるような不正なものではありませんが、多くのウイルス対策ソフトでスパイウェアとして検出されます。ほとんどの場合、何ら問題ありませんが、検出された結果はよく確認するようにしましょう。