ウイルス対策ソフトNAVI

スマートフォンへの脅威

スマートフォンにも危険があります

最近、爆発的にスマートフォンを利用される方が増えてきました。利用者の増加とともに、ウイルスなどのセキュリティの脅威も増えています。スマートフォンでのセキュリティ対策をご紹介します。

パソコンの安全確認

スマートフォンにもウイルス対策ソフトが必要

スマートフォンは、PCと同じWebサイトが見れるようになっています。携帯と言うよりもパソコンの小型版です。パソコンでの脅威が同じようにスマートフォンでも当てはまります。特にAndrod端末はOSがオープンソースであるということもあり、ウイルス被害が増加傾向にあります。そのため、やはりスマートフォンにもウイルス対策ソフトの導入が必要です。

各社、スマートフォンのセキュリティ対策にも力を入れてきており、無料から有料のものまでさまざまなソフトが提供されています。ただ、無料のソフトは、ウイルスの検出率が低いというデータもありますので、有料のものがおすすめです。

OSやアプリを最新の状態に保つ

スマートフォンでもパソコンと同様にOS等を常に最新の状態にしておくことが重要です。古いバージョンには、セキュリティホールがある可能性があります。アプリを自動更新する設定を行えば常にアプリを最新の状態で利用することができます。自動更新するよう設定しておきましょう。

「アクセス許可」を確認する

Android端末の場合、アプリをインストールする際に表示される「アクセス許可」を確認するようにしてください。個人情報を盗むためにアプリの役割からすると不自然なアクセス許可を求めるものが発見されています。例えば、壁紙のアプリなのに、アドレス帳の内容へのアクセスを求めるなど不自然なものがあります。インストールする際に、不自然なアクセス許可を求められた場合は、そのアプリのインストールを中止しましょう。

「提供元不明のアプリ」はインストールしない

Android端末の設定には、「提供元不明のアプリ」のインストールを許可する項目があります。これを許可すると、正規のストアであるAndroid Market以外でのアプリのインストールが可能です。このようなアプリには、悪意をもつアプリの可能性が正規のものより高いです。必ず提供元不明のアプリのインストールは許可しない設定にしておきましょう。