ウイルス対策ソフトNAVI

ウイルスの感染経路

ウイルスはどこから侵入するのか

ウイルスを防ぐためにはどこから感染しやすいのか、あらかじめ知っておく必要があります。ウイルスの感染経路についてご紹介します。

壊れたパソコン

外部メディアからの感染

古くはフロッピーディスクからの感染が多かったです。その他、CDやDVD、USBメモリーなどそれらの記録装置がウイルスに冒されており、そこから感染してしまいます。外部メディアからデータを取り込む際には注意が必要です。

メールからの感染

最も多いのがメールからの感染です。メールに添付されているファイルから感染します。見ず知らずの人からのメールだとこちらも注意しますが、プロバイダ等の業者を装ってメールが送られてくることもあります。もちろん、知人からのメールでもウイルスに冒されている可能性はありますので、添付ファイルを開く前に必ずウイルスチェックをしなければいけません。

インターネットからの感染

近年急激に増えているのが、インターネットからの感染です。Webサイトからファイルをダウンロードしてウイルスに冒されるケースだけでなく、Webサイトへ接続するだけでウイルスに感染してしまう場合もあります。その他にもウイルスではありませんが、いつも使っているサイトに見せかけることで、ユーザーが安心して個人情報を入力してしまい、個人情報が盗まれてしまうという悪質なサイトもあります。あるリンクをクリックしたら、ウイルスに冒されたサイトだった、とか、見た目はいつもと変わらないサイトだったりすると、なかなか防ぐのが困難です。やはりウイルス対策ソフトを導入して、そのような場合に警告を出してくれる体制ををつくっておくことが大事です。